Globalstyle・麻布テーラー・花菱でオーダースーツを作った僕が比較してみる

僕は今後既製品のスーツは買いません。今は心にそう決めています。今までグローバルスタイル、麻布テーラー、花菱で合計6着(現役は4着)のオーダースーツを作りましたが、今日はこの3ブランドに対して完全な僕の主観による比較をお伝えしたいと思います。

このブログの趣旨と大きく逸れますが、オーダースーツには思い入れがあり、過去数回記事にしてきましたが、今日はコスパ至上主義の僕のオーダースーツ比較結果をここに書き留めておきます。

オーダースーツは高い!と思われている方も多いかと思いますが、今日ご紹介する3店舗はいずれもリーズナブルな価格で提供しており、僕が実際に作ってみてコスパが良いと感じたお店です。

Globalstyle・麻布テーラー・花菱の比較項目


僕はこの3ブランドでオーダースーツを作り、その出来には全て満足していま。

その上での僕の主観による比較であることを最初に断っておきます。

以降の見出しも兼ねて総括的な比較表です。

比較項目 Globalstyle 麻布テーラー 花菱
生地種類
生地サンプルサイズ(選びやすさ)
価格
24,000〜
(二着割り)

37,000〜

39,000〜
(初回割り)
スタイル
縫製
オプション
多そうな客層 20代〜 20代後半〜 30代〜
店舗数 15 28 19
(ネットショップ有)
総合コスパ(主観)

生地種類はどこも豊富、選びやすさはグローバルスタイルが一番

オーダースーツの醍醐味と言えば生地選びですが、選べる生地の種類はどこも豊富です。

国産生地から海外製のインポート生地を取り扱っていて、おそらく100種類くらいはあるのではないでしょうか。

ゼニアやエンパイアミルズといった高級ブランド生地も置いてます。

生地の選びやすさですが、これはグローバルスタイルが一番良いです。

生地が反物の状態で置いてあり、光沢や手触りを確認することができ、仕上がりのイメージがつきやすいです。

麻布テーラーはハンドブックのようなものから生地を選びます。

花菱は生地は大きく見やすいですが、板に巻き付けられていて若干手に取りづらいです。

1着あたりの価格は互角、Globalstyleの2着割が安い

オーダースーツは高いというイメージがあると思いますが、この3社はパターンカスタムにより低価格化を実現しています。

店舗型のオーダースーツ専門店としてはいずれも最安の部類で、1着だけ造るのであればほぼ互角です。

なお、上の表はすべて最低価格のラインナップであり、生地はポリエステルとウールの混合素材となります。

若干混合比率は違ったりしますが、これは既製品のスーツの生地とほぼ同じものです。

ウール100%の生地を選んだ場合、ざっくりですが、上の価格から1万円プラスといった感じです。

ここで注目なのはグローバルスタイルの2着割りです。

同格の生地であれば1万以上安く作れます

この2着割りは友人とも使えますので、是非2着割で購入するのが良いと思います。

花菱はビギナーズ割引きを使うことで1着あたりは同等となります。

スタイルはどこもトレンドを取り入れていて互角

各ブランドの提供するスタイルは下表のとおりです。

Globalstyle 麻布テーラー 花菱
スタイル種類 ・Modern Classic Model
・Modern Britishi Model
・Vintage Classic Model
・Slim Fit Model
・New Bespoke Model
・Unconstructed Model
・Michelangelo Sartoria Model
・CLASSICO ITALIA
・CONTINENTAL
・JET CRUISE
・BRITISH
・ITALIAN
・INTERNATIONAL

正直どれがどんなものか分からないと思いますが、心配いりません。

店員さんと会話をしてイメージを伝えれば適切にアドバイスをくれます。

細身がいいとかその程度を決めておけばよいです。

どこもトレンドをしっかり押さえていますので野暮ったい雰囲気になることはないでしょう。

ちなみにこの3メーカーとも採寸時に僕の右腕が左腕より8mm長いことに気付き調整してくれました。

スタッフの質はどこも高いと思います。

縫製が良いのは麻布テーラー、花菱

縫製はやはり完全国内縫製を謳っているいる花菱と麻布テーラーが良いです。

分かりやすいところでは、ネームの刺繍が細かく丁寧でした。

また、これは運だったのかもしれませんが、グローバルスタイルで作った1着の裾の糸が切れるということがありました。

僕の持つ一番古い麻布テーラーのものは3年以上着ていますが、一度も切れていません。

オプションはどこも必要十分で互角

ボタンや裏地といったオプションはどこも同等です。

ボタンを水牛素材にしたり裏地をキュプラにするなどで追加料金となりますが、これらの基本的なプラス料金設定にも差がないように感じました。

僕は無料オプションで十分でしたが、花菱だけステッチに追加料金(2千円)が発生しました。ステッチはオーダースーツに外せない一部だと考えていますので、このプラス料金はう〜んという感じです。

客層は様々だがどこも入り難さはない

客層のイメージは冒頭の図のとおりですが、どこも入りづらさはありませんでした。ただ上の表がメインのターゲット層なのかな、と僕は感じたという程度です。

地方に店舗がない、花菱はネットで購入可

3社とも関東中心の店舗展開で、店舗数は麻布テーラーが一番多いです。

現状関東以外は大阪や福岡、名古屋といった大型都市に数店舗ありますが、田舎というか地方にはほとんど出店していませんね。

花菱は楽天でネット通販対応していますが、麻布テーラーとグローバルスタイルはネット販売はしていません。

地方の方が出張や旅行の際にこれらでオーダースーツを作ろうと考えられている場合、来店予約することをおすすめします。

土日は意外と混み合っていて、僕が土曜にふらっと入ったグローバルスタイルでは店員さんは終始接客中で声をかけられることもありませんでした。

ネット通販できるお店

一方でネット通販に対応したオーダースーツというのも増えてきています。

自社工場を持つSADAやネットを中心に低価格にオーダースーツを販売しているSuit-Yaなどは店舗を持たないことで低コスト化を実現しています。

スーツもネットで買う時代なのかもしれませんね。

両社とも自己採寸の方法がHPに丁寧に記載されています。Suit-Yaの場合は自分のお気に入りのスーツを送ってそれを採寸する代行採寸というサービスを行っています。

両社とも初回割やクーポンなどの割引きもあり、近くに店舗がないという方はネット通販も検討されるのも良いかと思います。

Suit Ya

後日SADAで1着作りました。関連記事です。
・オーダースーツを格安で作れると評判のSADA|僕が過去作った他のオーダースーツと比較

僕がおすすめするオーダースーツ店、悩みましたが結論はGlobalstyleです

ここまで主観で比較をしてきましたが、僕の一番のおすすめはGlobalstyle(の2着割)です。

グローバルスタイルでオーダーした際の関連記事です。
・良コスパで評判のグローバルスタイルでスーツをオーダー

そしてここが重要なのですが、是非ともインポート生地のものを作ってみてほしいです。

2着割りというといかにも安くあげるためと思われがちですが、この2着割りの真価はインポート生地でオーダーする際の圧倒的なコスパだと考えています。

2着ともインポート生地となると結構な金額になるため、1着は最安で作り、もう1着をCanonicoあたりの4万台のもので作るとか、友人と2着割りを使うとかがおすすめです。

最安生地だと、まぁ着心地が若干いい気がする、程度に思われるかもしれませんが、海外ブランド生地はその手触りや発色などから明らかな違いを感じられます。

まとめ

今日は麻布テーラー・Globalstyle・花菱で実際にオーダースーツを作った僕が完全な主観による比較結果をお伝えしました。

高級専門店だと数十万円が当たり前だったオーダースーツでしたが、今日ご紹介した3社などを筆頭に、僕ら普通のサラリーマンの手の届くところまで安くなってきています。

もちろん既製品よりは若干高いのは事実ですが、スーツでオシャレを楽しみたい人にはいい時代になってきました。

オーダースーツに求めるものは着心地だったり見た目だったり人それぞれですが、総じて僕はコスパが高いと思います。

オーダースーツを検討されている方の参考になれば幸いです。