良コスパで評判のグローバルスタイルでスーツをオーダー|購入検討中の方は生地タグの見方と生地の重さの目安を覚えておこう

 先日友人と一緒にglobalstyleの2着割を使い、新たに1着のオーダースーツを作りました。グローバルスタイルはコスパ重視の僕が一番おすすめするテーラーです。今日は特に重要な生地の選び方に重点を置きつつ一連のオーダーの流れを書きたいと思います。

 僕は過去麻布テーラー、花菱、globalstyleでそれぞれオーダースーツを作りましたが、今回で現役のスーツとして5着目となります。そう、これで1週間着回せることとなり、オーダースーツしか着ないという計画達成です!

 関連記事です。
 ・Globalstyle・麻布テーラー・花菱でオーダースーツを作った僕が比較してみる
 ・ワイシャツはオーダーシャツがおすすめ|グローバルスタイルの3着割と既製品を比較してみた

 実際のオーダーの流れとともにポイントを書いていきます。

1.生地選び


 最初にして一番大事なのがこの生地選びです。globalstyleでは上の写真のように生地が反物の形で陳列されています。実際に手触り等を確認できて仕上がりをイメージしやすいのがとても良いです。

グローバルスタイルの生地の価格設定(2着割時)

 ここは2着割のコスパが抜群に良いです。何度も通っているうちに価格帯と生地の種類を記憶してしまいましたので、参考にお伝えしたいと思います。

 同じ生地のランクであれば、僕の知る限りglobalstyleの2着割が一番安いです。

 オーダースーツを語る場合、生地に言及しない価格比較に意味はありません

・2万4千円ライン
 これが最安のラインナップで、生地はポリ混合素材です。生地の種類も少なく、質としても量販店のものと大差ありません。ちなみに他のテーラーも最安のラインナップはポリ混合生地です。

・3万7千円ライン
 このあたりからウール100%の海外生地となります。僕は今回このラインのアンジェリコ(ANGELICO)を選びました。

・4万4千円ライン
 いわゆる有名どころの生地となります。イタリア産地のカノニコ(CANONICO)やイギリス産地のエンパイアミルズ(EMPIREMILLS)なども選択肢に入ってきます。このラインはかなりコスパが高いと思います。

・6万円以上
 憧れのブランド群となります。イタリア産地であればゼニア(Ermenegildo Zegna)やロロピアーナ(Loro Piana)、イギリス産地であればドーメル(DORMEUIL)などがここに該当します。

 実際にはこの間を刻む生地も多数あり、ある程度目安の予算を決めたらあとはブランド名よりも自分の好みを優先して選ぶのが後悔のない生地の選び方です。

生地タグの見方|重さが重要

 globalstyleの生地には下のようなタグが付いています。これの見方を知っておくと効率的に生地を選ぶことができます。

 この例の場合、1番上のGUABELLOがブランド名となります。イタリアの老舗ですね。タグの下にあるW100%がウール100%という意味です。

 ここで注目して欲しいのが、真ん中あたりにある285g/mという数字です。これは生地の重さ=厚さを示しています。

 軽ければ春夏物、重ければ秋冬物ということですが、概ね以下の感じで捉えてもらえば良いかなと思います。

生地の重さ 季節の目安
230g 春夏物の生地
260g オールシーズンの生地
300g〜 冬物の生地

 個人的には260g〜290gくらいのオールシーズン生地がオススメです。

 春夏の生地は軽くて着心地抜群ですが、生地が薄い分、高級感を感じられるかという観点で若干劣ります。初めてのオーダースーツであれば特にオールシーズンのものを選ばれるのが良いでしょう。逆に300gを超えると夏場は着れません

2.スタイル選択、採寸

 生地を選んだらスタイリストさんについてもらって、スタイルの選択、採寸をしていきます。

 スタイルとは型のことで、ブリティッシュやイタリアンといったものがあります。グローバルスタイルではサンプルを着て着心地を確認できますので、スタイリストさんに自分のイメージを伝えれば適切にアドバイスしてくれます。

 スタイルを決めたら採寸です。腕の長さや胸回りなど、手際よく測定してくれます。

・スタイル決め
・採寸

3.オプション選択

 生地、スタイルを決め、採寸を終えたらあとはオプションです。

 オプションではボタンの種類や裏地などを決めていきます。スタイリストさんと一問一答のような感じで決めていくのですが、有料オプションと無料オプションがあります。

 あらかじめ考えておいた方が良いと思うのは、2パンツ、3ピース(ベスト)を作るかどうかです。両者とも生地の35%の値段で作れます。4万円の生地ならば1万4千円です。

 特に2パンツは悩むポイントです。ウール100%は耐久性という観点では若干弱いので週2回以上着る場合は作っておいた方が良いかもしれません。

 ボタンは水牛素材にしたり裏地はキュプラにしたりで有料となります。無料のものでも十分選択肢はあります。

・ボタン
・裏地

 オーダーの流れは以上となります。細かいポイント等は以下に書いています。
・オーダースーツを作る一連の流れと気をつけたいポイント

グローバルスタイルの特長


 グローバルスタイルの一番良いところは生地の豊富さ、生地の質に対するコスパの良さと、上に示したとおり生地を大きなサイズで確認できることです。生地選びこそがオーダースーツの醍醐味です。

・最後まで悩んだJohn Fosterの生地
・憧れのロロピアーナ。高いよー。

ネット通販できるオーダースーツ

 ここまでグローバルスタイルのオーダースーツについてお伝えしましが、現状グローバルスタイルは地方に出店がありません。
 僕が今までオーダーした麻布テーラー、花菱も同じく地方出店は少ないです。

 いろいろ調べてみましたが、オーダースーツはネット通販も増えてきています。

 自社工場を持つSADAやネットを中心に低価格にオーダースーツを販売しているSuit-Yaなどがネット販売を展開しているようです。

 僕はオーダースーツは生地の品質もさることながら、体型にフィットした採寸が大事だと考えていて、ネット通販ではこの採寸に問題があると考えていたのですが、両社とも広式HPに丁寧に自己採寸の方法を記載しています。

 さらに自己採寸以外にも、SADAではサンプルスーツの送付やSuit-YAでは自分のお気に入りのスーツを送ってそれを採寸する代行採寸というサービスを実施しています。

 生地も国産生地はもちろんのことREDAやCANONICOといった海外インポート生地も扱っており、オプションも僕が見ても必要十分に揃っていました。
 
 初回割やクーポンなどを使えば量販店のスーツにたいしてコスパも良いと思いますので、オーダースーツは試してみたいけど近くに店舗がないという方はネット通販も検討されるのも良いかと思います。

まとめ

 今日はグローバルスタイルでスーツをオーダーする流れを書きました。オーダースーツに興味を持たれている方の参考になれば幸いです。2着割かつ最安生地で安価にオーダーするのももちろんありですが、個人的には是非ウール100%の生地の着心地、海外生地の艶を感じて欲しいです。