東京駅から徒歩2分、PCM丸の内がサラリーマン、OLの出会いの場と化している件について調査

僕の通勤経路に気になる店があります。PCMというバーです。金曜日の夜なんかは完全にナンパスポット化しています。丸の内勤めであろうサラリーマンとOLの出会いの場として有名だそうで、どんな感じか潜入調査してきました。

このお店の正式な名称はP.C.M Pub Cardinal Marunouchi (ピーシーエム パブ カーディナル)です。

ルーツは六本木PUB CARDINALで、「丸の内発。新機軸のNEW YORK DINING & BAR」というのがコンセプトのようです。

一言で表すと、バーとクラブの中間のようなお店、というの表現がぴったりなお店です。

今日は僕がPCM丸の内に実際に行ってきた感想をお伝えします。

PCM丸の内の立地


PCM丸の内は東京駅の丸の内南口から徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩2分程度と絶好の立地にあります。

こんな都会のど真ん中にある出会いスポットです。

「P.C.M丸の内」の予約はこちら(食べログ)

PCM丸の内の客層

PCM丸の内が入っているTOKIA東京ビルにはJPモルガン、三菱電機、三菱UFJ銀行などの大企業が入居しています。

近隣のビルには三菱商事などの商社もあり、これら大企業で勤務しているエリートサラリーマン達が仕事帰りに寄るという感じが多そうです。

一方で女性客はOLが中心です。男女比率は7:3というところでしょうか。

外国人がけっこう多い

上のとおりTOKIA東京ビルの1Fに位置しますので、おそらくJPモルガンの社員じゃないかなと思います。

男性客の3割くらいは外国人の方でしょうか、割合的にはインド系の方が多い印象を受けました。

こんな感じの外国人2人組とかもいます。

エリートサラリーマン率高い(と思われる)

潜入してお店の中をぐるりと回りましたが、たしかにエリートサラリーマン比率は高いように感じました。

友人と会話するふりをしつつ周囲のサラリーマンをチェックしました。

スーツの着こなし、腕時計のセンス、漏れ聞こえる会話の内容などによる総合的な判断です。

女性客はPCMを目的に来ている


上のとおり男性客は近隣のサラリーマンのイメージですが、女性はこのPCM目当てできているOLが多そうです。

場所がらか、けっこうきれいめ系の女子も多いですね。

僕はほぼ毎日このお店の前の前を通って帰宅していますが、店の前で「あったあった」みたいな感じで話してる若い女性グループをたまに見かけます。

噂の出会いスポットに来てみたという感じでしょうか。

たしかに声をかけられる可能性は高いです。

六本木や渋谷のクラブと違い、男性客のギラギラ感も薄く、恵比寿横丁のように席に座る必要がないため、声をかけてきた相手が嫌ならばすっと逃げられます

これは女性には大きなメリットではないでしょうか。

泥酔するような雰囲気の店ではなく、有楽町線や東京駅からも近いので終電を逃すという心配もないでしょう。

PCMの混雑具合

僕はPCM丸の内が通勤経路の途中にあるため、ほぼ毎日の客入りを見ています。

各曜日ごとの客層、混雑具合などをお伝えします。

月曜から木曜は比較的空いている

月曜から木曜の平日は比較的空いています。

どの時間帯にふらっと入ってもスタンディング用の小さなテーブルくらいは確保できるでしょう。

平日の中では水曜日が比較的混雑している印象です。

平日は女性のグループも少なくナンパ目的の男性も少ないですが、それでも果敢に片っ端から声をかけ続けているツワモノもいました。

金曜だけ別格に混んでいる

金曜の夜は全く別の店に変貌します。

下の写真のとおり、21時ころですでにお店から人が溢れています。

これくらいならお店に入っていけますが、テーブルを確保したり座ったりすることはほぼ不可能です。

この日だけはナンパ目的の客層が断然に多くなります。女性も声をかけられることを期待していると思います。

だって、そうじゃなけりゃこんな混雑しまくった店に入る理由がありません。

友達と落ち着いて話したいなら他にいくでしょう。

店の外でも声かけてます。

店内の雰囲気

実際の店内の雰囲気をスマホでとってきました。

下の図は僕の記憶で作った見取り図です。

以下にそれぞれの矢印の方向からとった写真とともにお店の様子をお伝えします。

なお、写真は水曜の夜8時から9時ころのものです(金曜は人が多すぎて写真とかとれる雰囲気じゃなかった)。

①カウンターの様子

下の写真のようにドリンクはカウンターでキャッシュオンで購入します。

だいたい1杯500円〜1,000円です。

この近くで注文待ちの女性に、一杯奢るよ、みたいに声をかけている人がいました。

②ソファ席は1つ

扉のところから外を見た様子です。

バックの高層ビルがきれいで、ザ・丸の内という感じがします。

上の写真のとおりソファ席は1つしかありません。

女性2人とかで最初からここに座ってしまうと声をかけられた相手がタイプでなくても逃げづらくなるので、もう少し話したい時に空いてたら使う、くらいがいいと思います。

平日はサラリーマンのグループが帰りに仲間と軽く1杯という使い方が多いようですね。

③スタンディングスペース


屋外のスタンディングスペースの様子です。

平日は椅子がありますが、週末や混雑している時には椅子が置いてない場合もあります。

見てのとおりキャパはそれほど多くなく、金曜ともなるとここに通り抜けるのも困難なほど人が密集します。

④DJブース

上で書いた見取り図のとおり入り口近くにDJブースがあります。

最新のEDM系が中心に感じましたが、クラブと違い音量は控えめで、店の雰囲気作りという感じです。

もちろんクラブのように踊っている人もいません。

⑤VIP席

店の奥側、トイレのあたりからVIP席の様子です。

VIPというか普通の広めのシート席なのですが、ここは利用するのに追加で500円かかります。

VIPエリアにカウンター席もあるので、カップルで利用するのも良いでしょう。1人では勇気がいりますね。

スタンディング席で仲良くなれたら、男性からこちらの席に誘ってみてはいかがでしょう。

特に金曜は外が混んでいますし、立ちっぱなしは疲れるので乗ってくれるかもしれません。

出会い目的でPCMに行く時の注意点

PCM丸の内はサラリーマン、OLの出会いの場として有名で、実際調査したところそのとおりでした。

最後に僕が気付いたいくつかのポイントをお伝えします。

男性の服装はスーツで

PCMの男性客はサラリーマンが圧倒的に多いですので9割5分はスーツです。

ジーパンの人はほとんどいません。そういう感じのお店なので、せめてビジネスカジュアルで行きましょう。

女性もエリートサラリーマン目当てと思われるので、服装がだらしないと相手にしてもらえないでしょう。

ドリンクはハートランドがおすすめ

カウンターで買うドリンクはハートランドがおすすめです。

ジョッキのビールが同じ値段ですよと店員に勧められることがありますが、ここはハートランドで!と答えましょう。

店内が混んでいるので、動くことを考えると圧倒的にビンの方がよいです。

ナンパ目的なら2人組か3人組が望ましい

女性客は2、3人で来ている場合が多いです。ですので男性側も2、3人がベストでしょう。

混雑時は特に、周囲がガヤガヤしてるので、4人組同士だと一緒に会話をするのが困難です。

また、1人客はあまりいないので、単身で突撃する場合はトーク力によほど自身がなければ難しいでしょう。

まとめ

今日はかねてから気になっていたTOKIA東京ビルにあるPCM丸の内に潜入調査してきた内容をお伝えしました。

なんかナンパ目的の出会いスポットとしての紹介みたいになりましたが、間違いなくサラリーマン、OLの出会いの場となっています。

比較的落ち着いた客層に、クラブとバーの中間という店作りがちょうど良いバランスが特徴ですね。

出会いがなくても普通に飲んでればいいだけですし、男女分けず書きますが以下に共感する人にはぴったりなスポットです。

・エリートサラリーマンと出会いたい
・六本木や渋谷のクラブはハードルが高い、怖い
・あんまり出会い目的を前面にだしたくない
・コリドー街で道行くOLに声なんてかけられない
・Hubのようなガヤガヤ感も苦手
・相席居酒屋も嫌

最後に、こんな感じのお店紹介になってしまいましたが、PCM丸の内のシート席は普段は会社の飲み会とかでも全然使えます。

「P.C.M丸の内」の予約はこちら(食べログ)

シート席から外の様子を眺めるのも面白いと思いますよ。