『Pとある魔術の禁書目録』を打った感想と評価|面白いけど止め打ちは必須

パチンコ新台「Pとある魔術の禁書目録(インデックス)」を実戦してきましたのでスペックの紹介や僕の感想と評価をお伝えします。本機の特徴はへそでの当たりが100%ST突入という点と通常時800回転で「遊タイム」に突入という点です。通常時の演出や右打ち中も面白かったので、この台はかなり人気がでそうな気がします。

原作の「とある魔術の禁書目録」は今まで一番売れたライトノベルとして有名ですね。

現在でもアニメのシリーズが続いている超人気コンテンツです。

これだけの大型タイトルとのコラボということで、ホールへ導入前からかなり話題になっていました。

公式HPで「とある機械の最高性能」と銘打たれているとおり現行MAX基準の1/319スペックです。

王道のロングSTタイプですが、初当りが100%ST突入というのは最近では珍しいですね。

遊タイムも800回転と他の1/319の台より少し浅いのもポイントです。

Pとある魔術の禁書目録

演出面ではアニメのかっこいいい名シーンや音楽が多数使用されていて、原作知らない僕でも面白いと思ったくらいなので、ファンにはたまらないでしょう。

実際すごい人気でなかなか座れませんでした。

詳しいスペックや演出などの詳細は後述しますが、特徴を簡単にまとめます。

Pとある魔術の禁書目録の特徴
・へそ当たりは100%ST突入
・STのループ率は約79%
・「遊タイム」は800回転
・右打ち中は止め打ち推奨
・演出はかなりよくできている

 

最近の新台は50%確変の継続率80%が主流でしたが、差別化してきましたね。

ライトミドルほどの軽さはないですが、最近の台では遊びやすいスペックと言えるでしょう。

リングに続く藤商事の代表作になりそうな予感がします。

とある魔術の禁書目録の基本スペック

Pとある魔術の禁書目録,インデックス
まずは基本スペックを整理します。

Pとある魔術の禁書目録
大当り確率 1/319.6
右打ち中 約1/99.9
確変突入率 100%
確変継続率 約79%
ST回数 154回転
天井(遊タイム) 低確率800回転
遊タイム回数 1214回転
(当選率97.8%)

1/319の現行MAXスペックです。補足説明もないくらいシンプルなスペックです。

他の台との大きな違いは初当たりは100%STに突入する点ですね。

最近は50%突入の台が多いので遊びやすいスペックと言えるでしょう。

うまく差別化できていて、ここは評価したいポイントです。

振り分けは以下のとおりです。

振り分け 出玉
へそ 4R確変 100% 約400発
電チュー
10R 70% 約1,500発
4R 30% 約400発

継続率が79%は平均5蓮なので、期待値としては5,000発くらいですね。

右打ちは消化スピードも早く、ロングSTの割にはストレスは感じません。

遊タイムは低確800回転

とある魔術の最強激突
出典:藤商事公式HP

本機は遊タイム付きのスペックで通常時800回転で「とある魔術の最強激突」に突入します。

電サポ1214回転の当選率は97.8%と、実質天井です。

ちなみに800回ハマる確率は約8%です。

最近は950回転で遊タイム発動が多いですが、本機はへそも100%STなので少し浅めにできたのだと思います。

実際打ってるとこの150回転の差は心理的に結構大きいですね。

なお、ST中はノーカウントなので、表示としては954回転が天井ですのでハイエナ狙いの場合はそこだけ気をつけてください。

止め打ち推奨

禁書目録MAXボーナス
本機の注意点として、大当たり中のラウンド間は止め打ち推奨ですね。

打ちっ放しだとラウンド間に3発はアタッカーからこぼれます。

最近は1発返しのおまけポケットで救う台が多いですが、この台はOUT直行なので止め打ちしないと10Rで30発は損します。

ボーダーラインをシビアに見る方でなくとも大当り中は止め打ちした方がよいでしょう。

ST中の演出

とある魔術の幻想BONUS
初当りの「とある魔術の幻想BONUS」後は偶数奇数図柄問わず100%ST突入です。

ST中の演出もよく出来ていて、かなり面白いと思いました。

なお、継続率は1/99.9の154回転なので約79%です。

STは3つの演出パートに分かれており、それぞれ簡単にご紹介します。

前半30回転は「限界殺し(リミットブレイク)チャンス」

限界殺し(リミットブレイク)チャンス
STの前半30回転は「限界殺し(リミットブレイク)チャンス」です。

いわゆる即当たりゾーンですね。

1回転が1秒で演出され、消化スピードもかなり早く爽快です。

30回転以内に当たる確率は約26%なので、4回に1回くらいはここで当たります。

前回の当たりの続きのように演出されるので一撃感がいい感じです。

リミットブレイク

藤商事おなじみのラッキーエアーが吹けば10R濃厚です。

突如訪れるプチュン演出にハマる人も多そうです。

中盤31〜150回転は「とある魔術の最強激突」

とある魔術の最強激突,ヒーローズラッシュ
31回転からの120回転はメインゾーンの「とある魔術の最強激突(ヒーローズラッシュ」です。

このゾーンで当たる確率は約70%です。

ここは4種類の演出から選べます。

どのモードを選ぶかは好みですが、どれも各キャラに合わせてかなり作り込まれていて、飽きがこないですね。

上条当麻ST

バトルタイプ

バトルタイプは王道ですね。原作ファンならまずこのモードがおすすめです。

対戦相手や赤文字などのチャンスアップに期待です。

「グチャグチャいってんじゃねぇ!三下!」「ぶっ殺す!」とかアニメの名シーンですね。僕は見たことないので多分ですけど。

一方通行(アクセラレータ)は激アツですね。最後のプッシュ演出でラッキーパトなら大当り濃厚です。

一方通行 ラッキーパト

ヒロインST


ヒロインSTはインデックスと御坂美琴から選べるパト告知です。

ご飯をおねだりするインデックスさんはかわいいですね。

キュンキュンしたい人、もといキュイン演出が好きな人におすすめです。

インデックス パト告知

インデックスに「あの花」のメンマを彷彿とするのは僕だけでしょうか。

また、もう一人のヒロインである美琴も選択可能です。

僕は実戦できませんでしたが、有名な自動販売機を蹴っ飛ばすシーンも見てみたいです。

御坂美琴ST

御坂美琴ST
御坂美琴STはチャンスアップタイプです。

電撃がストックして保留のコインの色が変わるほどチャンスです。

コインの色は紫と赤でかなり信頼度が違う印象ですね。紫止まりは期待薄です。

会話予告は赤文字でリーチ濃厚、連打演出はLv5以上で期待できるなど、予告が豊富です。

連打

最終的に琴子がコインを打ち出す必殺技を繰り出せば大当りです。

リーチ演出はキャラが白井黒子の場合ありますが、キャラよりチャンスアップの絡み方が重要ですね。

白井琴子

このモードは予告が多いので、赤系演出が他のモードより信頼度低めな印象です。

しかし超電磁砲(レールガン)の演出はどれもかっこいいですね。

一方通行ST


このモードは僕の実戦では連チャンが続かず実戦で選択できませんでした。

一方通行(アクセラレータ)の決め台詞が出れば大当たり濃厚です。

突然告知タイプが好きな人向けですね。

ラスト4回転は「銭湯モード」

銭湯モード
STのラスト4回転は銭湯モードです。

普段は青色の文字が金色なら信頼度60%オーバーです。

僕には誰が誰だか分かりませんが、みんな可愛いですね。

4回転での引き戻し率は約4%と、あまり期待はできませんが、ST終了後もしばらく続くこのモードは即やめ防止に役立っていそうですね。

僕の実戦結果と感想、評価

実戦結果
初戦は単発回避も2連終了という無残な結果でした。

まぁ全然あり得ます。

僕のすぐ隣はまさかの遊タイムスルーしてたので、それに比べれば。。

下のいきなり激アツカットインがみれただけラッキーです。

いきなり激アツカットイン

このカットインは大当たり濃厚ですが、藤商事の「激アツ」は全般的に信頼度高めで70%くらいはありますね。

で、リベンジでようやくまともな出玉をゲットできました。

実戦結果,感想,評価

期待値5,000発程度なので、今回はまぁまぁという感じです。トータルは負けてますけどね。。

出玉スピードはロングSTということもあり最近の台の中ではゆっくり目ですね。

平均すると時速1.5万発といったところでしょう。

また、初当りの100%がST突入なので、一撃2万発オーバーとかは出辛いですが、それは仕方ないですね。

その他実戦した感想をいくつかお伝えします。

出玉は表記よりは結構削られる

僕は連チャン終了で即やめしたのですが、表記約7,000発に対し流したのは6,000発弱でした。

これは上のとおり大当たり中に結構ロスが出るためです。

実際の出玉は表記の8割強といったところですね。

繰り返しますが大当たり中は止め打ち推奨です。

人気があるので優良店を選んでちゃんと止め打ちすればボーダー行く台もあると思います。

STがかなり面白い

本機はロングSTなので演出がクソだとすぐ客が飛ぶ危険性があるのですが、実戦した感想として面白いですね。

異なる4つのSTタイプはどれもよく作り込まれている印象です。

カスタムが豊富

カスタム
本機はカスタムがいい感じですね。

通常時にもBGM選択できるので、好きな楽曲を選べるのはファンにはたまらないんじゃないでしょうか。

演出もシンプルモードとかラッキーエアー消したりとか好みで設定できます。

演出の信頼度等

強制干渉
最後に通常時の演出信頼度などをお伝えします。

基本は、

赤系演出:空気

金系演出:他がよければ期待できる

デンジャー柄:外れたらキレてよし

ですね。

藤商事ですからね。メリハリがすごいです。ここは評価がわかれるところでしょう。

3大演出絡まないときつい

イマジンブレーカー
この台は公式HPにある3大演出の自動書記(ヨハネのペン)予告、超電磁砲予告、幻想殺しのデバイス予告、のいずれかが絡まないとまぁ当りませんね。

特に幻想殺しのデバイス予告が大当たりに絡む確率が高いです。

とにかくこいつがブルブル動かないと話になりません。

一方通行(アクセラレータ)は強い

一方通行(アクセラレータ)
本機最強リーチのvs一方通行(アクセラレータ)が強いですね。

信頼度70%の割には演出選択率も高そうで、僕の初当りは半分はこのリーチから当たってます。

逆に他のバトルリーチ、vsリーチはもう残念な感じで、こんなシーンあったなぁとファンが楽しむだけですね。

・VSリーチ

VSリーチ シェリー

・バトルリーチ

バトルリーチ

赤文字のチャンスアップなんかワンチャンもありません。

保留は関係ない


この台はあまり保留は関係ないですね。金とかデンジャーは別ですが、それ以外は他の演出次第です。

僕は上のジュースの缶みたいなのから、信頼度60%オーバーの「科学と魔術が交差するとき、物語は始まる」予告が入って一方通行リーチ、金カットインで当りました。

金カットイン

保留よりも発展先、金かデンジャーが絡むことが大切ですね。

デンジャー保留は大当たり濃厚なので、お目にかかることはそうそうないですしね。

まとめ

今日はパチンコ新台「Pとある魔術の禁書目録(インデックス)のスペックや実戦した感想、評価などをお伝えしました。

いやー本当にすごい人気ですね。導入台数が少ないこともあってか一ヶ月たってるのに大型店舗にしか置いてなくて、数店舗回りました。

遊タイム付きは夜の稼働が落ちるものなんですが、この台は8時台でも満席で、かなりの人気ですね。

やはり100%STという点と、ビッグコンテンツの魅力を損なわない演出が評価されているのでしょう。

多分ですが藤商事はこの「とある」をシリーズ化するつもりですね。リングに並ぶ代表作になるかもしれません。