ユニクロの【ファインクロスシャツ】を評価|格安シャツ、オーダーシャツと比較してみた

僕は量販店の3着1万のワイシャツをよく着ていましたが、今はオーダーシャツを中心に着ています。そんな僕が興味をもったのが、コスパが良いと評判のユニクロの「オーダーメイド感覚で選ぶ、ファインクロスシャツ」です。今日はこのシャツと既製品のシャツおよびオーダーシャツとの比較をお伝えします。

僕はスーツにはかなりこだわりがあり、今はオーダースーツ以外きないと決めています。

ワイシャツは3着1万の格安のものをきていましたが、現在はシャツもオーダーシャツを中心にしています。

関連記事です。
・ワイシャツはオーダーシャツがおすすめ|グローバルスタイルの3着割と既製品を比較してみた
・Globalstyle・麻布テーラー・花菱でオーダースーツを作った僕が比較してみる

ユニクロのファインクロスシャツはかなり評判が良いと聞き、実際に購入してみたのでオーダーシャツとの違いや格安の既製品と比較してみた感想などを織り交ぜつつご紹介していきます。

「オーダーメイド感覚」「ファインクロス」ということで、フィット感抜群、生地も高級感があるものを期待したのですが、結論から言いますと、良くもないし、悪くもない、普通。というのが僕の正直な感想です。

ユニクロのファインクロスストレッチブロードシャツ


僕が購入したのはユニクロの、ファインクロスストレッチフィットブロードシャツです。かなり長い名前ですね。

事前にネットなどで調べたところ糸の番手が細く生地の質が良いとか、スーパーノンアイロンシャツほどではないが手間いらず、スリムフィットなのにストレッチ性がよく着心地抜群とのことで、評判は上々でした。

注文方法

まずユニクロにいってサイズを測ってもらいます。すると以下のような紙を渡されます。

小さくて分かりづらいかもしれませんが、測定するのは「首周り、袖丈、胸回り」の3箇所だけです。当然ですがオーダーシャツの場合はもっと細かに採寸します。

これを基準にユニクロの公式HPでサイズを選び、ネットで注文します。

納期が最短2日ということからもわかるように、オーダーメイドではありません。

単純にサイズを細かく刻んで準備している、ということです。あくまでオーダーメイド「感覚」です。

価格は2,990円ですが、送料込みだと3,700円くらいとなってしまうため、これ1着だけ買うならば量販店のものと比べて値段はそれほど違いません。

生地の質

ファインクロスということで、100番双糸を使っています。糸が細くきめ細かいということです。

たしかに、格安のシャツより若干生地の質が良いように感じます。

ただ、言われればなんとなくという程度で、高級感があるというほどではありません。

生地の厚み

僕はシャツを着るときに肌着が透けるのが嫌いです。ですので生地はある程度の厚さが欲しいと思っています。

ユニクロのファインクロスシャツは既製品に比べると透け感は少ない気がしますが、それでも多少は透けてしまいます。

僕は右のようにTシャツの切れ目がでるのが嫌なんです。でもこれくらいは許容範囲内です。

僕が過去作った麻布テーラーやグローバルスタイルのオーダーシャツはあえて薄手の生地を選ばない限り透けません。ただ当然値段は倍くらい違いますのでここを比べるのはフェアじゃないですね。

縫製

縫製も良いと言われていますが、僕には既製品との区別はつきません。かなり見づらいですが左がファインクロスシャツです。

サイズ感、着心地

サイズ感、着心地は格安の既製品より明らかに良いです。

既製品のワイシャツよりもたくさんのサイズから選べますので、袖の長さや首周りなどがぴったりのものを選べるためです。

ただし、これは分かっていたことですが、オーダーシャツのような3D加工にはなっていません。

下の左の写真のように腕を横に伸ばして裾を引っ張ってみると、ペタンとなります。これは格安の既製品と同じ作りです。

右はグローバルスタイルでオーダーしたシャツですが、同じように伸ばしても立体感があることが分かります。

・ユニクロのファインクロスシャツ
・3D加工のオーダーシャツ

個人的にはここが普通のワイシャツとオーダーシャツの一番の違いだと考えています。

まとめ

今日はユニクロの「ファインクロスストレッチスリムフィットブロードシャツ」を買ってみて、既製品やオーダーシャツとの比較をお伝えしました。

リクルートスーツにはぴったりですし、シャツはとにかくシンプルが良い、という人におすすめです。

一方でこのくらいの価格であれば僕ならばオーダーシャツを買うかな、というのが正直な感想です。