太陽光投資を始める前にこれだけは知っておきたい|野立て太陽光投資の特徴とメリット・デメリット

 僕は今太陽光投資を考えています。というか、すでにかなり話を進めています。僕が太陽光投資を検討しはじめたのは昨年末くらいでしたが、決断に至るまでの情報収集にかなりの時間を要しました。今日は僕が当時知りたかった太陽光投資の特徴とメリット・デメリットを簡単にまとめたいと思います。

 なお、ここでいう太陽光投資とは、いわゆる野立て太陽光と呼ばれるもので、体育館くらいの土地と太陽光パネルをセットで購入するものでかつ、低圧(50kW未満)のものを対象としています。

 50kW以上となると電気事業法上の取り扱いが変わります。物件を調べていてパネル出力が100kWとかあっても、パワコン出力が50kW未満であれば、低圧案件です。僕たちのような個人が手の届くものは基本低圧です。

野立て太陽光投資の特徴


 太陽光投資とは太陽光発電をして、その電力を東電や関電のような電気事業者に買い取ってもらうという、いたってシンプルなものです。

 日射量は土地の条件が変わらない限り(目の前にビルがたつとか)、季節変動はありますが、1年を通してみるとほぼ変わらず、発電量もほぼ一定であることが期待されます。

 それを次に示すFIT制度により定額で売ることができるということで、安定した収入が期待できます。

 不動産投資とよく比較されますが、空室リスクや住民対応が無い分、手がかからない、というのが大きな特徴です。その変わり不動産のように価値が跳ね上がるということもありません。

 安定と手がかからない、これが太陽光発電投資のポイントです。

太陽光投資を安定した投資としている鍵は?|固定価格買取制度(FIT法)

 なぜ太陽光投資が安定すると言えるのかというと、その鍵はFIT法による固定価格買取制度です。

 これは当時の民主党政権が再生エネルギー促進のため制定したのですが、20年間、太陽光発電で発電された電力を固定で買い取るという、「法律」です。法律で20年間の売電価格が守られるということです。

太陽光の投資としての期待値

 結局ここがどうなんだというのが当時の僕がもやもやしていたポイントでした。もちろん諸条件で変わりますが、ざっくりした結論を書きます。

 「2,000万円投資して3,000万への回収を期待する」

 こういう投資です。1千万のリターンを狙います。ただし、この1千万は20年間に渡って回収していくことになります。

 1千万というと大きいですが、20年間の安定稼働が前提ですので、途中に何か問題が発生するんじゃないかという不安を抱え続けることを考えると、儲けが割に合わないと感じられる方も多いかと思います。

 上記規模であれば、月々20万売電(利回り10%)し、15万をローンの返済にあてます。月々2万くらいが保険や税金、税理士費用などの固定費にあて、残り2、3万が手元に残るというイメージです。

 この2、3万も天気によっては下振れしますので、太陽光は儲かる投資だと手放しで食いつくのは危険でしょう。

 確定申告や、草刈りなどのメンテナンスを自分で行うなど、固定費部分をミリミリ切り詰めることで利回りをあげることもできますが、かなりの労力を必要とします。

利回りだけを気にしてはいけない

 太陽光投資を検討されている方で、一番気にするのは「利回り」の欄だと思います。僕もそうでした。

 一般的に10%程度で設定されている物件が多く、購入費2千万で10年でもとがとれます的な売り文句が多いですが、そんな旨い儲け話はありません。

 太陽光投資を継続するために毎年かかる経費として、償却資産税や売電利益による所得税、保険、税理士費用などがかかります。さらに大半の人はローンを組みますので、ローンの利息もあります。

 利回りは高いにこしたことはありませんが、10.1%か10.5%かを気にしすぎるよりも優先すべきことがあります。

一番大事なのは業者選び

 大半の人は太陽光販売業者経由で購入することになります。

 土地を自分で準備して、農地転用の申請をして、パネルと工事を自分で手配し、税制優遇を使って利益を最大化する、などということをできるのはFIT制度が開始された直後に仕込みはじめた嗅覚鋭い人たちのみです。

 調べれば調べるほど思いますが、僕のように2018年から太陽光を始める僕のような人は出遅れ組であることを認識しなければなりません。かなり儲かりますというような説明をする業者の話は疑うべきです。

 太陽光投資に興味がある方は大手の比較サイトや見積もりサイトを利用するのが良いでしょう。サイトの信頼性のためにも業者が一次選別されています。

 僕は複数社と会いましたが、売電シミュレーションだけ提示する会社は危ないです。また、JACCSやアプラスという大手信販会社との提携しているかも判断のポイントです。実はこの時点でかなり業者は絞られます。

野立て太陽光発電を始めるのに必要な頭金

 次に野立て太陽光発電をはじめるのに必要な軍資金ですが、これもざっくりの結論を書きます。

 少なくとも、「100万〜200万」は必要です

 まず土地代をローンで組むことができないため、土地代を用意しなければなりません。これは立地しだいですが、100〜500万程度が相場です。

 また、最初のローン支払いは売電収入前となりますので、これに数十万は手持ちにある必要があります。

 これはなかなかハードルが高い条件だと思います。この条件をクリアして、月々3、4万のリターンと考えると、ここで心が折れる人が多いかと思います。

活用できる減税制度|2018年時点

 数年前はクリーン減税制度など、税制面でかなり優遇されていた太陽光ですが、年々これらも見直しもしくは廃止されています。2018年から太陽光投資をはじめる場合得られるのは以下の2つです。これらは必ず利用しなければなりません。

償却資産減税制度

 太陽光設備を保有することにかかる税金を最初3年間半額にするというものです。これがばかになりません。2千万の物件であれば、償却資産減税が有効となる3年間、年10万くらい利回りが変わります。

消費税還付制度

 これは設備投資時にかかった費用(支払った費用)の消費税分が取り戻すことができる制度です。ざっくりですが、約100万戻ってきます。

 これらの税務関係の手続きを個人で行うのは難しく、税理士さんにお願いすることになりますが、税理士費用を差し引いても得をしますので、必ず利用するようにしましょう。

太陽光投資のメリット

 前述したとおり、FIT固定価格買取制度による安定した売電収入です。

 少なくともローン返済額を下回ることはないでしょう。そんなことが頻発していたらとても大きなニュースになっていると思います。ほとんどの業者が少し厳しめに発電量を見込んでいて、下振れの可能性は低いとされています。
 

太陽光投資のリスク・デメリット

 最後に太陽光投資のリスクとデメリットです。投資ですのでリスクはつきものです。僕の考えるリスクとそれに対する僕の見解を書きます。

融資が必要

 僕と同じくほとんどの個人が太陽光投資をするには信販会社なりでローンをお願いすることになります。

 投資用の太陽光発電は約2千万します。いかに低金利時代とはいえ、2千万もの大金をほいほいとは貸してくれません。自分がいくらくらい借りれるかはJACCSやアプラスなどに確認しなければ分かりませんが、たとえば公務員やある程度の規模の会社にお勤めであれば2千万は借りられると思います。

 これはリスクやデメリットというか、そもそも投資を始めるハードルが高いということです。

発電施設が壊れる

 太陽光パネルやパワコンが壊れてしまう可能性があります。

 もし太陽光発電設備が壊れてしまえば売電収入はゼロ、毎月のローンは支払わねばならない、こうなるとそれこそ自己破産ものです。

 太陽光発電自体は20年以上の歴史があり、設備も進化を続けています。大きな問題は耳に入っていませんし、多少の故障は保険の範疇となっています。精神的安定のためにも保険に加入されることをお勧めします。

日射量が極端に落ちる

 太陽が昇る限りは安定した売電が期待できる太陽光投資ですが、周囲に障害物などがあれば発電量は極端に落ちます。

 このリスクを回避するためには、将来も含めて障害物が立たないであろう場所を選ぶ必要があります。

 投資する前に現地確認をすべきですが、太陽光は山奥や田舎にあることが多く、現地に足を運ぶのもなかなか難しいのが実態です。このリスクを回避するのはやはり信頼できる業者選びということになります。

FIT法の改正

 太陽光投資を成り立たせているのは言うまでもなくFIT法です。FIT法による売電単価は年々下がっています。

 2018年は18円とFIT法が制定された2012年の半額以下の単価となっています。ただ、過去にさかのぼって売電単価が変更されることはないでしょう。

 システム単価も同時に下がっているので、18円であればギリギリ投資としての価値がありそうですが、これ以上下がると、利回りに対してリスク(借金)の方が高いように思います。太陽光投資を始めるのは多分、今年度がリミットだと思います。

出力抑制

 太陽光発電家にとってこれが一番心配の種ではないでしょうか。

 簡単に言うと電力の供給が十分足りている時には太陽光発電の電力を買い取りませんよ、ということです。これから原発が再稼働を始めればこのような事態は想定されます。

 データとかの引用は割愛しますが、再生エネルギー導入計画に対し多いに遅れている日本で、あまり無茶なことはしないだろう、というのが僕の見解です。

まとめ

 今日は僕が太陽光投資を始める前に自分が知りたかった太陽光投資の期待収支や特徴、頭に入れておくべきメリット、デメリットなどをお伝えしました。

 太陽光発電投資に興味を持たれている方の参考になれば幸いです。